2018年5月16日 七通目




 

手紙の内容に入る前に、5月16日の出来事を。

先週(5月9日)に続き、この日も私は面会に行っていた。これまでの手紙でやりとりをしていた絵の件(過去のブログを参照されたい)を中心に話し、15分の面会時間を過ごした。会話の詳細は省略させていただく。

面会後、私は一階にある差入窓口で、少しばかりの現金を差し入れた。彼に、絵を描いてもらいたくスケッチブックを購入するよう依頼していたからだ。

拘置所を後にし、すぐに彼宛に便りを出した。その内容は下記の通り。

2018年5月16日 土屋和也さまへ 七通目

こんにちは。日に日に日差しが強くなってまいりました。夏日に向かう今日この頃、いかがお過ごしですか。

さて、今日(5/16)も面会に応じてくださり、ありがとうございました。私、なにか変な言動していなかったでしょうか。その点心配しております。

今日(16日)お伺いした際に、絵を描いてくださいと依頼した件ですが、拘置所の売店に、スケッチブックがありませんでした。販売員の方によると「被収容者自身が購入することはできる」とのこと。少しばかり現金を差し入れましたので、お手数おかけしますが、そちらで購入していただけませんか。

絵のテーマは桜にしたいと思います。私の一番好きな花です。次回お会いするときにお見せいただきたいです。

私は絵が苦手なので、人が描いた絵を見るのが好きなのです。作品を見に、美術館にいくこともあります。

それでは、楽しみにしています。

2018/05/16 河内千鶴

追伸

帰宅したら土屋さんから5月15日付で手紙が届いていました。すれ違いましたね。

ストレッチマン。初耳です。調べてみますね。

 

 

////////////////////////////////// //////////////////////////////////

2018/5/16 返信あり

5月15日付で記された手紙が、面会から帰宅した際に届いていた。すれ違っていたようだ。

返信をしなかったことの謝罪を始め、面会と差し入れのお礼や感想などが綴られていた。

過日、私は桜の木を背景にした自身の写真を彼に送っていた。それを見た彼は、蕾が開いた桜を見たのは数年ぶりだと教えてくれた。二度と見ることはないと思っていたようで、この季節が来ると桜に想いを馳せていたそうだ。

「ストレッチマン」。絵の件で色々話していた事は記述した通りだが、この手紙で初めて出てきた単語だ。

彼からひとつ依頼を受けたため、応えようと、いま準備を進めている。

 

スポンサードリンク